高齢化社会の福祉施設情報サイト

【高齢化社会NET】

高齢化社会とはいったいどういう社会なのか?

ロゴ


当サイトは高齢化社会に関連した情報を判りやすく提供するサイトです。

一番問題となっているのは社会福祉関連の話題や老後の暮らしなどのコンテンツを提供しています。 日本においては、高齢化とともに少子化が進みので今までのように 高齢者を若者がささえるという仕組みが成り立たなくなってきている状況です。

なぜ高齢化が進むのでしょうか!理由の一つに医療の進歩が上げられる。 医療技術が進歩したことで、長生きになったことも一つの要因でしょう。

平成24(2012)年 グラフで見る高齢化率ランキング【都道府県別】
※内閣府 平成25年版 高齢社会白書をもとに作成しています。
第1位
秋田県

総人口1063(千人)
65歳以上人口326(千人)
高齢化率 円グラフ
第2位
高知県

総人口752(千人)
65歳以上人口226(千人)
高齢化率 円グラフ
第3位
島根県

総人口707(千人)
65歳以上人口212(千人)
高齢化率 円グラフ


高齢化社会到来で介護保険利用者が増加
2011年度の介護保険サービスを利用する高齢者が 約517万人となり、初めて500万人を超えたというニュースがありました。
高齢者一人あたりの介護サービス料金は、概算で月に15万円〜20万円、軽度な介護予防サービスでも3万円〜4万円程度の負担になるようですから、今後さらに高齢化社会が進む事を考えると、いかに健康な体を保つような予防サービスを増やし、国全体での介護費用を低く保つことができるかということが課題になるのではないでしょうか。


高齢化社会では、自動車事故が増加する可能性!
日本の高齢者は70歳以上のドライバー全員が受講を義務づけられているが 警察庁では高齢者ドライバーの事故防止の対策として免許証を返納する制度を導入しています。 65歳以上が当事者となった自動車の交通事故件数は10万件を超えており、今後さらに自動車事故が増えていってしまう可能性があります。


高齢化社会と小型自動車
高齢化社会が進むなかで、お年寄りの足として今までにない規格の小型自動車が登場するようです。また電気自動車も現実となっていますので、電気で走る軽自動車よりも小さい小型自動車が高齢化社会の中で高齢者の足となり、高齢者のアクティブな活動を助けるようになるのではないでしょうか。


社会保障の充実した国
日本以外の国では、社会保障を充実させるために日本における消費税のような税金の 負担を20%やそれ以上、課している国があります。しかしその税金を使い 国が手厚く社会保障をしているといった事例があります。
メインコンテンツ 高齢化社会と人手不足
高齢化社会を向かえ、今や団塊の世代が高齢者になると介護が必要になる方がどんどんと増加します。そのときに問題となるのが介護職の人材不足と言われています。少子化も進むことで実際の働き手となる現役世代の現象が懸念されており、少子化社会も大きな問題です。
高齢化社会と社会保障
高齢化社会が進むにつれて、今の若者が日本の社会保障の仕組みを信頼できなくなるのは当然ではないでしょうか。昔は大勢の若者が1人と高齢者を支えていた社会保障の仕組みですが高齢化社会が進む今、数人の若者が1人の高齢者を支えることになり、さらに先を考えると騎馬戦状態になる事が目に見えています。フランスのように少子化をくいとめ社会の中で人口を増やす試みを行う必要があるでしょう。

→あなたの都道府県の高齢化率はこちら

→高齢化社会NETトップ

→相互リンク募集


copywright (c) 2010 高齢化社会NET All Right Reserved.